住友ゴム 全国4カ所で二輪車用タイヤの安全点検活動

シェア:
カテゴリー: ニュース
住友ゴム二輪車タイヤ点検
昨年のタイヤ点検活動の様子

 住友ゴム工業は7月18日、「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」として、二輪車用タイヤの安全点検を8月3日に実施すると発表した。実施会場はアネスト岩田ターンパイク箱根(神奈川県足柄下郡)など全国4会場。

 同活動では、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、表面の損傷、摩耗度合いなどの点検を行う。その結果はチェックカードに記載してライダーに配布し、タイヤの日常点検の重要性を啓発する。

 「DUNLOP全国タイヤ安全点検」は、2012年から8月19日の「バイクの日」に合わせて毎年8月に全国の道の駅やレストハウスなどで実施しており、今回で7回目。これまで延べ3317台のタイヤ点検を行った。

 同社では「ダンロップのブランドメッセージ『事故のない毎日をつくりたい。』のもと、タイヤ点検の重要性を呼び掛け、より安全なモビリティ社会の実現を目指す」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】