横浜ゴム米国子会社がSUBARUからサプライヤー表彰

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは7月1日、米国販売子会社であるヨコハマタイヤコーポレーション(YTC)がSUBARU(スバル)の米国子会社、スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)よりサプライヤーアワードの「エクセレント・パフォーマンス・アワード」を受賞したと発表した。

 SIAが生産する「インプレッサ」向けの新車装着用タイヤ「AVID S34P」(エイビッド・エスサンヨンピー)の安全性やコスト、納期目標を達成したことが評価された。「AVID S34P」は優れた走行性能と安全性能を実現しながら低燃費性能も確保していることが特徴。

 YTCは、横浜ゴム初の北米における生産販売拠点として1969年に設立し、今年50周年を迎える。現在は、乗用車用タイヤや小型トラック用、トラック・バス用、建設車両・産業車両用などを販売している。


[PR]

[PR]

【関連記事】