TOYO TIRE「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」で最新技術展示

シェア:
カテゴリー: ニュース
TOYO TIREのブースイメージ

 TOYO TIREは7月17日~19日の3日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

 同社のブースでは、空気充てんが不要のエアレスタイヤ「noair」(ノアイア)をはじめ、ナノレベルでタイヤのゴム材料をコントロールする「Nano Balance Technology」(ナノバランステクノロジー)を採用し、エネルギーロスを大幅に低減させたトラック・バス用低燃費タイヤ「NANOENERGY」(ナノエナジー)シリーズを展示する予定。

 また、「CASE」(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に対応する基盤技術となる、独自の設計基盤技術「T-mode」の進化を紹介するほか、昨年発表した「Toyo Silent Technology」(トーヨーサイレントテクノロジー)に基づいて開発したタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスを装着したタイヤのプロトタイプを展示する。

 「人とくるまのテクノロジー展」は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術専門展として1992年に始まった展示会。同社では「人の感覚や感性に働きかけるテクノロジーや未来モビリティをデザインするテクノロジーなど、独自のユニークな技術アプローチを集積して紹介」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】