日本ミシュランタイヤ「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」
「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」

 日本ミシュランタイヤは7月13日から「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」を全国で発売する。

 同社は2014年に「ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版」を発行しており、今回、福岡県と佐賀県は5年ぶりの更新、長崎県は初のセレクションとなる。また、3県全域を1冊で紹介するのは「愛知・岐阜・三重2019特別版」に続き国内2冊目。

 今回のガイドブックでは福岡県は288軒の飲食店・レストランと23軒の宿泊施設、佐賀県は71軒の飲食店・レストランと26軒の宿泊施設、長崎県からは94軒の飲食店・レストランと25軒の宿泊施設が掲載された。最高評価の三つ星には福岡県で2軒の飲食店・レストランが選ばれた。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「2014年に九州初として発行した、福岡県、佐賀県に、風土や文化が異なり、国内外からも人気の観光地、長崎県を新たに加えた3県を同時に調査するのは大きな挑戦だった。『もっと楽しく、もっと遠くへ、もっと快適に』という理念のもと、人や物の移動に貢献するために100年以上前に誕生したガイドブックを、世紀を超え、皆様の旅の手引きとしてご活用頂けば幸いに思う。この新しいミシュランガイドが地元の皆様や国内外の旅行者の素晴らしい体験の一助となることを期待している」とコメントした。


[PR]

[PR]

【関連記事】