横浜ゴムの「GEOLANDAR」装着車が豪州最大級のオフロードレースでクラス優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース
砂地を走る「TRD」の「TOYOTA HILUX」
砂地を走る「TRD」の「TOYOTA HILUX」

 6月8日~10日に開催されたオーストラリア最大級のオフロードレース「Tatts Finke Desert Race」のEXTREME 4WD(X4WD)クラスで、横浜ゴムのSUV向けオールテレーンタイヤ「GEOLANDAR A/T G015」装着車が優勝した。

 優勝したのは「TRD(Toyota Racing Development)」の新堀忠光選手/MURRAY KENNETH HYNES選手が駆る「TOYOTA HILUX」で、日本チームおよび日本人ドライバーが同クラスで優勝するのは今回が初めて。

 同レースは細かな赤砂が多いレッドセンターと呼ばれる広大かつ深い砂に覆われた荒野を縦断するもので、走行距離は往復で460kmに及ぶ。「TRD」は昨年から20分タイムを縮めて往路を終了し、翌日の復路でも安定的な走りを続け、タイヤ無交換で見事クラス優勝を果たした。

 新堀選手は「GEOLANDAR A/T G015」について「デザートレースということで、より軽量でサスペンションの動きを活かせるタイヤを選択した。深い砂の上でも充分なトラクションが得られ、コントロール性も優れていたのでドライビングに集中することができた」とコメントしている。

 「GEOLANDAR A/T G015」はオフロードでの走破性・耐久性とオンロードでの快適性・静粛性を両立したオールテレーンタイヤ。


[PR]

[PR]

【関連記事】