ソフト99コーポレーション TPMSと空気圧センサーを発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ: ,

 ソフト99コーポレーションは、タイヤの空気圧や温度をモニタリングするTPMS(タイヤ空気圧監視システム)「ドライバーコンパス(受信機)」と「ドライバーコンパス対応空気圧センサー」を6月3日から発売した。価格はともにオープン。

 「ドライバーコンパス」は車両のUSBポートに接続するだけで使用できる。ホイールに取り付けたセンサーから発信される情報を受信して、事前に設定した空気圧の上限値・下限値、タイヤ温度の上限値のいずれかが超えるとアラーム音と赤い点滅で警告する。

 また、専用アプリを使用して4本同時に状況を確認できるほか、タイヤ空気圧や温度の設定値の変更なども行える。

 なお、空気圧センサーはゴムバルブを採用しており、アルミホイール、スチールホイールを問わずに幅広いサイズへ取り付けできる。


[PR]

[PR]

【関連記事】