横浜ゴム ダンプ向けラグタイヤ「302C」発売 耐外傷性能を向上

シェア:
カテゴリー: ニュース
横浜-ラグタイヤ「302C」
「302C」

 横浜ゴムは6月1日からダンプ向けラグタイヤ「302C」(サンマルニ・シー)を発売した。発売サイズは11R22.5 16PRと11R22.5 14PRの2サイズで、価格はオープン。

 「302C」は、ダンプ用クロスラグタイヤ「LY317」の後継商品となっており、非舗装路と舗装路の両路面に対応できる。耐外傷性能の向上によりタイヤ寿命を延ばすことで経済性を追求しつつ、安全性や利便性の改善を図った。トレッド幅は従来品比4%アップし、優れた操縦安定性を実現した。

 トレッドセンター部は、耐カット・チッピング性能に優れるコンパウンドをベルト付近まで採用。さらに、ベルトエッジ部周辺のみに発熱を防ぐアンダートレッドゴムを配置したほか、サイドプロテクターはカット防止に貢献する。

 またパターンには、偏摩耗を抑制する配列やウェット性能を向上する溝などを搭載した。これらにより、悪路でのトラクション性能も向上させたことに加え、低燃費性能や静粛性、耐久性は従来品と同等レベルを確保した。


[PR]

[PR]

【関連記事】