住友ゴム、FALKENブランドで「二ュル24時間レース」に参戦

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴムグループは6月20日から23日にドイツで開催される「二ュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦するとともに、オフィシャルスポンサーとしてファルケンブランドで同レースに協賛し、ブランドの訴求を図る。

SUBARU WRX STI
SUBARU WRX STI

 同社グループは1999年以降、世界一過酷なレースとも言われる同レースに参戦を続けている。今回は昨年に引き続き「FALKEN Motorsports」として2台体制で総合優勝を目指す。参戦車両は昨年総合9位で完走した「Porsche911GT3R」と総合15位で完走した「BMW M6GT3」。

 また、同社は「二ュルブルクリンク24時間耐久レース」の参戦車両にファルケンのタイヤを供給すると発表した。

 今回タイヤを供給する車両「SUBARU WRX STI」は、これまで2015年、2016年、2018年とクラス優勝を果たしている。2019年モデルは加速性能をさらに向上させ、シフト時のエンジン回転変化とシフトショックを抑えるなどの改良を施した。

 「二ュルブルクリンク24時間耐久レース」は世界最大級のツーリングカーレース。高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コースと、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25㎞のフルコースを使用して実施する。


[PR]

[PR]

【関連記事】