「SCORE BAJA 500」でTOYO TIRE装着チームが総合優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース
「OPEN COUNTRY M/T-R」装着車両
「OPEN COUNTRY M/T-R」装着車両

 5月29日から6月2日の4日間、メキシコで開催されたオフロードレース「SCORE BAJA 500(バハ500)」で、TOYO TIREがピックアップ/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給したAndy McMillin(アンディ・マクミラン)選手が総合優勝した。

 「2019 SCORE World Desert Championship」(全4戦)の第2戦となる「SCORE BAJA 500」は、砂漠地帯や山岳地帯を含む全行程500マイル(約800km)をノンストップで走破し、タイムを競う過酷なレース。今回の大会には米国を中心に世界中から合計244チームが参戦。アンディ・マクミラン選手は、同じくTOYO TIRESが「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給したBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手らとの激しいトップ争いの末、9時間41分12秒のタイムでゴール。シリーズ初戦から2戦連続で総合優勝を果たした。

 アンディ・マクミラン選手はレースを振り返り、「BAJA 500で勝利することは簡単ではない。トップでスタートできたこと、そしてTOYO TIRESを含めたチームメンバーや、ピットクルーなどの献身的なサポートのおかげで優勝することができた」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】