ブリヂストン「エコピアの森 下関」で森林整備活動を実施

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは、5月19日に山口県下関市の「深坂自然の森」にある「エコピアの森 下関」で森林整備活動を行ったと5月28日に発表した。

 当日は、下関工場の従業員とその家族を中心に約250名が参加し、木々の成長を妨げる要因となる雑草の刈り取りを実施。また、山口県西部森林組合および梅光学院大学の協力のもと、子ども達向けに「水辺の生き物観察会」、「春の野草の採集・料理教室」「森の素材を用いた木工教室」といった、自然や森林について学ぶことができる森林学習プログラムを開催した。

 同社は「『エコピアの森 下関』では森林整備活動を2010年から開始し、今回で15回目の開催となった。下関工場は今後も本活動を通じた生物多様性の保全など、様々な面での環境保全に取り組んでいく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】