ブリヂストン、ソーラーカーレースの参戦車両を都内で展示

シェア:
カテゴリー: ニュース
工学院大学ソーラーチームの2015年Cruiserクラス参戦車両「OWL」
工学院大学ソーラーチームの2015年Cruiserクラス参戦車両「OWL」

 ブリヂストンは、世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge」(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジに参戦したソーラーカーを6月4日に東京スクエアガーデン(東京都中央区)で展示する。開催時間は9時30分から18時で、オープンスペースでの開催のため無料。車両に乗って写真を撮影することできる。

 今回の展示は、国際連合によって制定された国際的な記念日である毎年6月5日の「環境の日」にあわせて行うもの。2015年に開催された同レースのCruiserクラスに参戦し、準優勝に輝いた工学院大学ソーラーチームの「OWL」を展示する。

 「Bridgestone World Solar Challenge」は2年に1度豪州で開催される世界最高峰のソーラーカーレースで、太陽光を動力源として使用するソーラーカーの技術的な革新をひとつの目的に掲げている。2019年も10月13日~20日で開催する予定で、同社はタイトルスポンサーとして協賛するとともに、参加する多くのチームにソーラーカー用タイヤを供給する。


[PR]

[PR]

【関連記事】