欧州、中国で苦戦し減益に ハンコックタイヤの第1四半期

シェア:
カテゴリー: ニュース

 韓国のハンコックタイヤの第1四半期業績は、売上高が2.1%増の1兆6424億ウォン(約1544億円)、営業利益が24.2%減の1401億ウォンとなった。

 地域別売上高をみると、北米は5.6%増の4710億ウォンで増収だった。一方、韓国が3.6%減の1900億ウォン、中国が12.0%減の1840億ウォン、欧州が12.1%減の5240億ウォンとなった。

 市販用タイヤは欧州で景気軟化により売上高が減少し、全体の数量がマイナスに転じた。新車用は北米やASEANなどで好調に推移し、中国と欧州の苦戦を相殺した。

 なお、17インチ以上の大口径タイヤの売上高は乗用車・ライトトラック用タイヤ全体の53.9%を占めており、前年から3.3ポイント上昇した。


[PR]

[PR]

【関連記事】