TOYO TIRE「BAJA500」に「OPEN COUNTRY」供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
昨年のBAJA500の様子
昨年のBAJA500の様子

 TOYO TIRE及び米タイヤ販売子会社のToyo Tire U.S.A.は、5月29日から6月2日までメキシコで開催される「第51回SCORE BAJA(スコア・バハ)500」の参戦選手をサポートすると発表した。

 「BAJA500」は世界有数の過酷なオフロードレース。全行程は500マイル(約800km)で、バハ・カリフォルニア半島の都市エンセナーダを出発し、砂漠や山岳地帯などを走破する。

 今回、アンディ・マクミラン選手など7名に供給するオフロードレース用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」「OPEN COUNTRY R/T-R」は、オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY」をレース用にチューンアップしたもの。

 同社では「OPEN COUNTRYのアグレッシブかつ機能的デザインを有するトレッドは、悪路走破性のみならずトラクション性能やブレーキ性能の向上にも寄与し、オフロードレースでのノウハウを生かした耐外傷性の高いタフネス構造となっている」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】