NITTOのSUV用タイヤ2商品 TOYO TIREが国内導入

シェア:
カテゴリー: ニュース
「Mud-Grappler」(左)と「Trail-Grappler-MT」
「Mud-Grappler」(左)と「Trail-Grappler-MT」

 TOYO TIREは、NITTO(ニットー)ブランドのSUV用タイヤ「Mud Grappler」(マッド・グラップラー)と「Trail Grappler(トレイル・グラップラー)M/T」を6月1日から発売開始する。価格はともにオープン。2商品は既に北米で販売されており、ユーザーのオフロード用タイヤへの関心が高まってきているというタイヤ販売店の声を受けて国内導入を決めた。

 「Mud Grappler」は、16、17、20インチの全6サイズをラインアップする。砂利道や泥ねい路など様々な道路条件でトラクション性能を発揮することができる。トレッドパターンは、「恐竜の爪」をモチーフに設計され、本格的なオフロード用タイヤに求められる耐外傷性のみならず、そのユニークでアグレッシブなデザインが北米市場で好評を得ている。

 また、「Trail Grappler M/T」は16、17、20インチの全11サイズを発売。本格的な悪路走破性や耐久性と、オンロードでの操縦安定性や静粛性を両立した。走行時の静粛性を実現するために、アグレッシブなトレッドパターンを有しつつ、ノイズレベルを体系的に低減させた。

 同社では「オフロード性能はもちろん、オフロードテイストのドレスアップを求めるSUVユーザーの満足度を高めていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】