住友ゴム「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を全国8カ所で実施

シェア:
カテゴリー: ニュース
過去に博多湾・和白干潟で行った自然保護活動の様子

 住友ゴム工業は4月24日、日本ユネスコ協会連盟との共同事業「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を今年も実施すると発表した。5月26日に新潟県で行う「新津丘陵の自然・森林・歴史遺産の保全・整備プロジェクト」を皮切りに、全国8カ所計8回の活動を予定している。

 「チーム エナセーブ」は、低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの売上の一部を活用して行う2つの環境保全活動。

 その中で、「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」は、日本全国で失われつつある文化や自然環境の保全を目的に2013年から取り組んでいる。今回は、首都圏の大規模緑地・見沼たんぼを100年後の子どもたちに残すための除草作業や、「人と自然の共生」を目指した森づくり活動などを行う。

 また、「チーム エナセーブ GREENプロジェクト」は、タイやインドネシアで苗木を植樹し、森を蘇らせるとともに自然災害の防止や豊かな漁場の形成などを目指す活動。2009年から行っており、2018年末までの累計植樹本数は120万本を超えている。


[PR]

[PR]

【関連記事】