三つ星も3軒「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
ポール・ペリニオ社長とシュランマン

 日本ミシュランタイヤは愛知、岐阜、三重の3県で厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」を5月17日に発売する。国内で発表するミシュランガイドのセレクションとしては、20、21、22エリア目。また、3県全域を同時に調査し、そのセレクションを1冊で発表するのは初めて。

 今回、愛知県は276軒の飲食店・レストランと26軒の宿泊施設、岐阜県は92軒の飲食店・レストランと25軒の宿泊施設、三重県は168軒の飲食店・レストランと41軒の宿泊施設が掲載される。三つ星は愛知県から2軒、三重県からは1軒が選ばれた。同社では「愛知、岐阜、三重の3県は、地域の食材を生かしたご当地グルメや郷土料理など、バラエティ豊かな料理を味わえる地域であることが今回のミシュランガイドで証明された」としており、「良質な海産物、里山の恵み、豊かな農畜産物は、料理人の創造力を刺激し、彼らがその素材のおいしさを最大限に引き出した料理を生み出す手助けをしている」と評価している。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「風土や文化の異なる3県を同時に調査し、セレクションを1冊で紹介することはミシュランにとっての挑戦であり、エキサイティングな体験だった。『より遠くまで、快適に、楽しくドライブできるように』という願いのもと誕生したガイドブックが、旅の指南書として3県の往来を盛んにし、世界にその魅力を紹介できれば嬉しく思う」とコメントを発表した。

 「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」の価格は税込3240円。


[PR]

[PR]

【関連記事】