コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発

シェア:
カテゴリー: ニュース
コンチネンタル「Conti Urban HA3」
「Conti Urban HA3」

 独コンチネンタルはこのほど、同社初の電気バス用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発したと発表した。タイヤサイズは315/60R22.5 154/148J(156 150F)。1軸当たりの積載許容量を通常より0.5トン増やし、8トンまで積載が可能。

 これまで電気バス用タイヤはバッテリーなどの重さを含めた総重量を支えるため、グリップ性能と頑丈さ、通常のタイヤ以上の積載能力を兼ね備えている必要があった。

 「Conti Urban HA3」は高密度で厚みのある頑丈なケーシングの採用により、ロードインデックスを向上し、トレッド部分の天然ゴムの割合を増やしたことで、き裂や摩耗への耐久性を高めた。さらに、高密度でサイプを搭載し、ウェット路面でのグリップ性と走行安定性を最適化させた。


[PR]

[PR]

【関連記事】