住友ゴム「エナセーブ RV505」6月に発売 ミニバン特有の“フラつき”抑制

シェア:
カテゴリー: ニュース
エナセーブRV505
4月上旬に行われた試乗会

 住友ゴム工業は、6月1日からミニバン専用タイヤ「エナセーブ RV505」を発売する。発売サイズは13~20インチの48サイズで、価格はオープン。販売目標本数は初年度68万本。

 新商品は「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」を採用し、ミニバン特有のカーブや横風によるふらつきを抑えたのが特徴。また、ライフ性能や静粛性能を向上させ、安全性能と快適性能の両立を図った。

 従来品(エナセーブ RV504)と比較すると、耐ふらつき性能は19%、耐偏摩耗性能は53%それぞれ向上し、パターンノイズは34%、ロードノイズは31%低減した。

 トレッドデザインはタイヤ幅205以下が3リブ、215以上は4リブとするなど、リブ数を減らしてショルダー部の剛性を高めた非対称パターンを搭載した。さらに、リブのアウト側壁面の小さな出っ張り「プラスリブ」がブロックが倒れこんだ際に路面との接地面を確保。これらの技術により、カーブやレーンチェンジの場面で路面をしっかり捉えてふんばることが可能となった。

 また、サイド部の高剛性材料の配置を最適化するとともに、サイドウォール全体が均一にたわむ新プロファイルを適用し、乗車人数が多い際にもふらつきを抑制している。

 4月上旬に行われた新商品試乗会でタイヤ技術本部第一技術部の向井友幸主査は、「耐ふらつき性能や静粛性能、耐偏摩耗性能の全ての性能を向上させており、(ミニバンユーザーの)不安にお応えできる性能に仕上がっている」と自信を示した。


[PR]

[PR]

【関連記事】