欧州の自動車誌で高評価 TOYO TIRE、コンチネンタル、ピレリ

シェア:
カテゴリー: ニュース
タイヤテストが掲載されたオートレビュー誌
タイヤテストが掲載されたオートレビュー誌

 TOYO TIREは4月3日、露自動車専門誌「オートレビュー」でプレミアムSUV用スポーツタイヤ「PROXES Sport SUV」の19インチが最高評価を獲得したと発表した。SUV用の夏タイヤテストで、同商品はウェット性能や操縦安定性能の高さに加えて、サイドインパクトテストでの耐サイドカット性能などが高く評価された。

 「PROXES Sport SUV」は、欧州タイヤラベリング制度のウェットグリップ性能で最高評価の「A」、日本のラベリング制度では最高評価の「a」を有している。

 また、独コンチネンタルの乗用車用スポーツタイヤ「SportContact 6」は独自動車誌「スポーツ・オート」のサマータイヤの性能評価で最高評価を獲得した。ウェット路面での制動距離のほか、ドライ路面におけるスポーティーなレスポンス、動的安定性などが評価された。

ピレリ「Pzero」
ピレリ「Pzero」

 同誌のテストは欧米やアジアの9つのブランドが対象。このうち、最高評価の「非常に推奨」を獲得したのは「SportContact 6」のみで、「推奨」が1商品、その他のタイヤは「中程度の推奨」だった。同商品は前モデルからハンドリング性能や高速性能を向上させた。

 伊ピレリはフラッグシップタイヤ「P Zero」が独自動車専門雑誌「オート・ビルド」によるテストで1位を獲得した。このテストはハンドリングやステアリングなどの項目で11種のタイヤを比較したもの。「P Zero」は、特に安全性を重視するカテゴリーにおいて最高評価を受けた。またスポーツ性能に関してもラップタイム計測テストを通じてウェットおよびドライ路面でのハンドリングで最高評価を獲得した。


[PR]

[PR]

【関連記事】