ブリヂストン久留米工場「ごみ拾い」をスポーツに 久留米市と共同開催

シェア:
カテゴリー: ニュース
イベントの参加者

 ブリヂストンの久留米工場(福岡県)と久留米市が3月16日に久留米百年公園で「ブリヂストン×久留米市 スポGOMI大会inくるめ」を共催した。

 このイベントは一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブにより提唱されたスポーツで、チーム対抗で制限時間内にごみを拾い、その種類や量でポイントを競い合うもの。全国で700回以上実施されており、久留米市内では初の開催となった。

 今回は一般公募による総勢42チーム166名の市民が参加。またブリヂストンの従業員42名がボランティアとして支援した。同社では「近年プラスチックごみの流出による海洋汚染が大きな地球環境問題となっているが、街でのゴミ拾いという身近な取り組みも筑後川や有明海を綺麗にする着実な一歩となる」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】