ブリヂストン「上海モーターショー」に出展 “一人ひとりを支える”をテーマに

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンのブース

 ブリヂストンは4月16日から25日に中国の上海で開催される「上海モーターショー2019」に出展する。

 今回は「一人ひとりを支える」をテーマに設定。持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する同社グループのイノベーションにつながる商品やサービス、ソリューションビジネスを紹介する。また、オリンピック・パラリンピックを通じて夢を追いかける全ての人々の挑戦を支える取り組みも訴求していく。

 ブースでは同社が開発した天然ゴムの性能を上回る世界初のポリマー「High Strength Rubber」や次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」などを出品する。また、中国市場向けの乗用車用低燃費タイヤ「ECOPIA EP300」をはじめ、乗用車用タイヤやトラック・バス用タイヤなどを展示する。さらに、会期中には、競泳の叶選手を迎えてトークセッションも行う。

 同社グループでは「業界のグローバルリーダーとして未来に対する責任を果たしていくために、イノベーションと先進技術を通じて人々がより快適に移動し、生活し、楽しむことに貢献していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】