「東京モーターショー2019」テーマは“OPEN FUTURE”

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本自動車工業会(自工会)は3月25日、「第46回東京モーターショー2019」のショーテーマを「OPEN FUTURE」(オープン・フューチャー)に決定したと発表した。また併せてロゴを策定した。

 自工会では今回のテーマについて「『くらしの未来』にまで領域を広げ、参加企業や主催者側のマインドも拡張し、未来への可能性が広がる場になる。という思いを込めた」としている。また、ロゴは「OPEN」「FUTURE」「MOTOR」をそれぞれのエレメントで表現し、色彩などを重視した様々な消費者に好まれるデザインを採用した。

 東京モーターショーは10月24日~11月4日に、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催される。同会では「未来の街や社会を体験できるプログラムを通して、ファミリーや若者まで楽しめるショーとして開催する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】