住友ゴム、4月6日に全国47都道府県でタイヤ点検活動

シェア:
カテゴリー: ニュース
過去のタイヤ点検活動の様子

 住友ゴム工業は3月22日、今年で12年目となる「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を4月6日に全国47都道府県の47会場で実施すると発表した。

 この活動はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧や残溝、タイヤ表面の損傷などの点検を行うもの。

 会場ではタイヤ安全点検の重要性を記載したクリアファイルを配布するなど、ドライバーに定期的なタイヤの点検と整備の重要性を訴求する。また、点検を受けた来場者にはメッセージ付きマスクや、子供向けに交通事故防止につながるオリジナルリフレクターを配布する予定。

 今回で21回目となる同活動は、2008年から全国47都道府県の道の駅やショッピングセンターなどで年2回実施してきた。これまで点検台数は延べ10万台を超えており、近年はタイヤ空気圧の過不足などが増加傾向にある。

 同社は「ダンロップの新たなブランドメッセージ『事故のない毎日をつくりたい。』のもと、当社は引き続きタイヤ点検の重要性を呼び掛け、より安全な自動車社会の実現を目指していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】