オートバックス、大分県と地域活性化に関する協定を締結

シェア:
カテゴリー: ニュース
WEAR+i が目指すスマートシティ
WEAR+i が目指すスマートシティ

 オートバックスセブンは3月19日、大分県と相互の連携を強化し、包括連携協定を締結したと発表した。地方自治体との“安心・安全”を軸とした包括連携協定を締結するのは初めて。

 同協定は地域活性化や県民サービスの向上を目的としたもので、交通安全や観光、地域防災など8つの項目で構成されている。大分県民のニーズに基づいて、安全運転サポートやカーシェアリングのほか、トレッキング・登山者向けの入山管理・救助支援などのサービスを提供する。

 オートバックスセブンは「安心・安全」をテーマにIoT(モノのインターネット)を活用したサービスブランド「WEAR+i」(ウェア・アイ)を1月に設立。運転見守りサービスなど様々な生活シーンを豊かにする商品・サービスの開発・展開を行っている。今回締結した協定ではこうしたサービスも提供する予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】