コンチネンタル「PremiumContact 6」が独自動車雑誌のテストで1位に

シェア:
カテゴリー: ニュース
「PremiumContact 6」
「PremiumContact 6」

 独コンチネンタルは、ドイツの自動車雑誌「Auto Zeitung」が行ったサマータイヤの評価テストで「PremiumContact 6」が1位を獲得したと発表した。このテストはサマータイヤ9ブランドとオールシーズンタイヤ1ブランドを対象に、ウェットとドライの両路面で性能評価が行われた。タイヤサイズ235/45R18で、テスト車両はシュコダ・スペルブのステーションワゴンを使用した。

 「PremiumContact 6」は、ウェット路面での走行で最高150点中142点。ドライ路面での走行においては150点中135点と高得点を獲得し、総得点300点中277点と2位以降に25点以上の差をつけた。専門家からは「最大限の安全性、高いレベルの快適さとダイナミックなハンドリング性」と高い評価を得ました。

 なお、「Auto Zeitung」誌の性能評価項目はブレーキング、ハンドリングなどの従来の評価項目に加え、転がり抵抗やタイヤノイズ、ロードノイズなどの環境性能を含む全13項目にわたっている。

 「PremiumContact 6」は、快適性とスポーツ性を融合したスポーティコンフォートタイヤ。日本国内での発売サイズは、現在15インチから22インチまでの76アイテムで、コンパクトカーからスポーティカー、SUVまで幅広い車種に適合する。


[PR]

[PR]

【関連記事】