ファルケンの「AZENIS FK510」が独自動車専門誌で高評価獲得

シェア:
カテゴリー: ニュース
「AZENIS FK510」
「AZENIS FK510」

 住友ゴム工業はFALKENブランドのフラッグシップタイヤ「AZENIS FK510」が独自動車専門誌である「AUTO BILD」誌が実施したタイヤテストで総合3位を獲得したと発表した。

 「AUTO BILD」誌が実施するタイヤテストは、欧州で販売される主要メーカーのタイヤを独自の方法で比較テストするもの。その評価結果は欧州の一般ユーザーのタイヤ購入意向に大きく影響を与えると言われている。

 今回のテストは53本の高性能タイヤ(サイズ:225/45R17)をドライ・ウエット路面でのハンドリング・ブレーキ、乗り心地、低燃費性能などで総合的に評価した。総合3位の評価を獲得した「AZENIS FK510」は、非対称パターンの採用や最新のプロファイルにより、高い高速操縦安定性能と優れたウエットグリップ性能を誇るFALKENのフラッグシップタイヤとなっている。

 なお、FALKENタイヤは2017年、2018年に同誌で総合2位を獲得しており、今年で3年連続で高い評価を獲得したことになる。同社では「厳しい評価基準を持つ欧州市場において高評価を獲得し続けることは、同地域でのFALKENブランドの価値向上につながるもの」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】