ブリヂストン、環境コミュニケーション大賞で「優良賞」受賞

シェア:
カテゴリー: ニュース
第22回環境コミュニケーション大賞審査委員長の八木裕之氏(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)とブリヂストン広報部サステナビリティコミュニケーション企画ユニットの早川由希子氏

 ブリヂストンは2月21日、「第22回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で、同社が発行した「サステナビリティレポート2017-2018」が優良賞を受賞したと発表した。

 同賞は環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催しており、優れた環境報告書などを表彰する制度。事業者などの環境コミュニケーションへの取り組み促進や、その質の向上を図ることを目的としており、優良賞には同業他社や同等の事業規模の事業者間で模範となる優良な報告書が選ばれる。

 同社は2017年3月にグローバルCSR体系「Our Way to Serve」を制定し、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」という3つの重点領域などにおいて様々な取り組みを進めている。サステナビリティレポートでは、持続可能な社会の実現に向けて同社グループが取り組むべき社会課題と、それに対するグローバルでの活動状況を説明している。

 「環境」については、2050年を見据えた環境長期目標を、その背景となる考え方とともに解説し、2020年を目標年とする中期目標に対する活動の進捗を掲載。今回の受賞はこれらの取り組みが総合的に評価された。

 なお、「サステナビリティレポート2018-2019」は今年6月に発行する予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】