横浜ゴムがATGの国内販売を加速 中小型の農機用タイヤ拡充

シェア:
カテゴリー: ニュース
「324FarmPRO」
324FarmPRO

 横浜ゴムはATG(アライアンスタイヤグループ)が生産販売する「ALLIANCE」(アライアンス)ブランドの農業機械用タイヤの日本向けサイズを拡大し、2月21日より発売を開始した。

 今回発売したのは主に中小型トラクターのフロントタイヤで使用される「324FarmPRO」の7サイズと、水田用ハイラグパターンのリアタイヤ「337DEEP LUG」の15サイズ。「324FarmPRO」は田畑での優れた牽引力と舗装路での滑らかな乗り心地を両立しながら、耐カット性を高めたことが特徴。「337DEEP LUG」は高い駆動力と牽引力により、優れた作業性と走行性を発揮するほか、専用コンパウンドにより耐摩耗性能も向上している。

「337DEEP-LUG」
337DEEP LUG

 ATGは横浜ゴムが2016年7月に買収した農業機械用・林業機械用・産業車両用・建設車両用などのオフハイウェイタイヤ専業メーカー。「ALLIANCE」ブランドは60年以上の歴史があり、多くの大手農業機械メーカーに新車装着されている。ただ、これまで日本で多く使用されている比較的小型の農業機械用タイヤは一部サイズに限られていた。今回、日本での販売拡大を加速するため、中小型の農業機械用タイヤのラインアップを拡充した。

 なお、国内ではヨコハマタイヤ販売会社を通じて同ブランドのタイヤを販売している。

関連:タイヤから貢献する農業の生産性向上へ


[PR]

[PR]

【関連記事】