TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」シリーズを拡充

シェア:
カテゴリー: ニュース
「OPEN COUNTRY MT」
「OPEN COUNTRY M/T」

 TOYO TIREは2月22日、SUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」(オープンカントリー)シリーズのサイズラインアップを拡充すると発表した。

 本格的オフロード向けタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」は、15~17と20インチの計9サイズを4月1日から順次発売。これにより、大型のピックアップトラック/SUV/CUVなどに対応する。

 同商品は不整地や泥ねい地など様々な悪路を走破できるパフォーマンスと耐久性を有した本格的オフロード向けタイヤ。昨年の「アジアクロスカントリーラリー」で「OPEN COUNTRY M/T」装着車両が4年連続優勝を果たしたほか、今年1月の「ダカールラリー2019」でもクラス優勝を達成した。

「OPEN COUNTRY RT」
「OPEN COUNTRY R/T」

 また、オフロード性能とオンロード性能を両立させたハイブリッド商品「OPEN COUNTRY R/T」は、昨年12月の4サイズ追加に続き、6月1日に265/60R18 110Qを発売する。不整地などの走行に強みを持つマッドテレインタイプと、全地形型のオールテレインタイプの中間を充足するタイヤと位置づけている。

 同社では「オフロード走行を想起させるアグレッシブなルックスを求めつつ、オンロードでの快適性を犠牲にしたくないユーザーから好評を得ている。今回のサイズ拡大では、近年販売が増加している中型SUVをターゲットとしてより多くのユーザーニーズに応えていく」としている。

 なお、両商品とも価格は全てオープン。


[PR]

[PR]

【関連記事】