横浜ゴム「ジュネーブモーターショー」に出展

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは、3月7日から3月17日にスイスのジュネーブで開催される「第89回ジュネーブモーターショー」に出展する。

横浜ゴムのブースイメージ

 今回の展示会です、同社の中期経営計画「グランドデザイン2020」の「タイヤ消費財戦略」を具体的に訴求し、多数の新商品を展示する。

 ブースでは、中計の中でテーマとなっている「プレミアムタイヤ市場における存在感のさらなる向上」を目指し、数多くのプレミアムカーに新車装着されてきた実績を紹介する予定。また、ハイパワー・プレミアムカー向けタイヤ「ADVAN Sport V105」を出品する。

 さらにウィンタータイヤでは、ヨコハマスタッドレス史上で最高性能を実現した乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6」などの冬用タイヤをラインアップするほか、ホビータイヤとして、欧州プレミアのSUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-MT」や、ヒストリックカー向けタイヤなどを訴求する。

 そのほか、ストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を装着した「NISSAN GT-R」の展示や、同社がワンメイクサプライヤーを務めるFIAワールドツーリングカーカップを紹介するコーナー、パートナーシップ契約を結ぶチェルシーFCの特別コーナーを設ける。

 また、3月5日にプレスカンファレンスを開催して欧州プレミアを含む新商品を披露するほか、8日には、同社のアンバサダーを務めるディディエ・ドログバ氏によるファンとのQ&Aセッションを開催する予定となっている。


[PR]

[PR]

【関連記事】