ミシュラン 駆動軸専用タイヤ「X Multi D+」発売 操安性やライフを向上

シェア:
カテゴリー: ニュース
「MICHELIN X Multi D+」
「MICHELIN X Multi D+」

 日本ミシュランタイヤはトラック・バス用駆動軸専用タイヤの新商品「MICHELIN X Multi D+」(ミシュラン・エックスマルチ・ディープラス)を発売した。発売サイズは2サイズで、3月1日に295/80R22.5を発売し、5月1日に11R22.5を追加する。価格はともにオープン。

 同社では駆動軸専用タイヤのメリットとして、操安性の向上や偏摩耗の抑制による長寿命化をあげており、深刻な人材不足に直面している輸送業界に対して課題解決のソリューションとして提案していく。また、「偏摩耗を抑制したパターンにより、タイヤ交換やローテーションの頻度を減らすことで省力化、ダウンタイム低減による生産性向上にもつながる」としている。

 新商品は深溝により排水性能を確保しつつ、ブロック間にブリッジを配置することで剛性を高めた。また、幅広なトレッドデザインや方向指定パターンを採用したことも特徴。

 ミシュランでは従来から駆動軸専用タイヤの装着を推奨している。


[PR]

[PR]

【関連記事】