コンチネンタル 電動SUVレース「エクストリームE」を支援

シェア:
カテゴリー: ニュース
フォーミュラEのアガグCEO(左)とコンチネンタルのフィリップ・フォン・ヒルシャイト氏(右)

 独コンチネンタルは電動オフロードSUVレースシリーズ「エクストリームE」にタイヤを供給すると発表した。同レースは、環境条件が厳しい地域で開催するもので、2021年1月の初シーズンには12チームが参加を予定している。

 同社タイヤ部門プレジデント兼コーポレート購買責任者のニコライ・ゼッツァー氏は「この新しいレーシング・スポーツは、当社のウルトラ・ハイパフォーマンス・タイヤの性能を実証する良い機会だ」とコメントした。その上で、「気候変動や環境に対する責任ある対応、生態系保護などの課題に対して観客の意識を高めることができる。持続可能性は当社の目標で、これはエクストリームEの目標と一致する」と語った。

 また、フォーミュラEの創設者でありCEOのアレハンドロ・アガグ氏は「持続可能なモータースポーツは非常に魅力的なものとなるだろう」と述べた。


[PR]

[PR]

【関連記事】