ミシュラン、インドネシアでタイヤメーカーと小売企業を買収

シェア:
カテゴリー: ニュース

 仏ミシュランは1月22日、インドネシアのタイヤメーカー、PT Multistrada Arah Sarana TBK(ムルティストラーダ)の株式80%を買収すると発表した。買収額は4億3900万ドル(約481億2318万円)の見込み。また、小売業者のPT Penta Artha Impressi(ペンタ)の株式も20%買収する。タイヤ市場の成長が見込まれるインドネシア市場でプレゼンス強化を進める。

 ムルティストラーダの2017年の売上高は2億8100万ドルで、工場の生産能力は乗用車用タイヤが1100万本、二輪車用が900万本、トラック用が25万本。ミシュランでは、買収から3年以内に年間7000万ドル相当のシナジーが得られると予測している。

 ミシュラングループのジャンドミニク・スナールCEOは、「今回の買収は当社にとってインドネシアでの事業拡大や、競争力のある高品質な製品の生産能力獲得につながる」とコメントを発表した。


[PR]

[PR]

【関連記事】