TOYO TIRES装着チームが「ダカールラリー2019」でクラス優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース

 1月6日から17日に南米ペルーで開催された「ダカールラリー2019」で、TOYO TIREの「OPEN COUNTRY M/T」を装着したブレード・ヒルデブランド選手がOP1クラスで優勝した。

優勝したブレード・ヒルデブランド選手

 「OPEN COUNTRY M/T」は本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ。悪路での走破性やトラクション性能、耐外傷性を有するタフネスなタイヤ構造が特徴。

 「ダカールラリー」は海岸砂漠地域や山岳地域など過酷な路面が続く総走行距離約5000kmでタイムを競うレース。OP1クラスは「BAJA1000」など米国のオフロードレース「SCOREシリーズ」に準じた車両カテゴリーとなっている。

 同社では「今後もピックアップトラック/SUV用タイヤ市場でのプレゼンスをさらに高めていけるよう、オフロードレースへの参戦などを通じてブランド力の向上を図っていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】