住友ゴムの宮崎工場 都城市と災害時の支援協定を締結

シェア:
カテゴリー: ニュース
住友ゴム都城市と災害協定
池田市長(左)と宮崎工場の岩田工場長(右)

 住友ゴム工業の宮崎工場は3月29日、都城市と「災害時における施設利用に関する協定」を締結した。都城市が後方支援を目的にこうした協定を結ぶのは今回が初めて。

 

 住友ゴムはこの協定に基づき、災害時に都城市が行う災害応急対策および支援活動において、グラウンドなど工場施設の提供や職員の派遣といった協力を行っていく。

 宮城県は南海トラフ巨大地震が発生した際の被害が懸念されており、被災時には内陸にある同市が後方支援の中心的な役割を担う。宮崎工場は都城インターチェンジの近くにあり、支援拠点としての利便性が高いため、市から要請を受けて今回の締結に至った。

 協定の締結は都城市役所で行われ、池田宜永都城市長と岩田拓三宮崎工場長が調印を行った。池田市長は「官民一体での支援体制づくりのために、住友ゴム工業と工場内施設の利用に関する協定を締結いただけることは、非常に心強い」とコメントしている。
 
 住友ゴムグループでははCSR活動の一環として地域自治体との連携を積極的に進めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】