ミシュラン、キャンピングカー用タイヤを国内初導入

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤはキャンピングカー専用タイヤ「MICHELIN AGILIS CAMPING」(ミシュラン・アジリス・キャンピング)を3月1日から発売開始する。タイヤサイズは15~16インチの全5サイズで価格はオープン。

「AGILIS CAMPING」
「MICHELIN AGILIS CAMPING」

 「アジリス・キャンピング」は高荷重への対応と優れた耐久性、操縦安定性が特徴。LT/C(商用車用)規格より空気圧設定の高いCP規格で、高負荷での常用を可能にした。

 技術面では、強靭なビード構造と2枚のケーシングにより強度と耐久性を確保。トレッドには端部まで覆うナイロンキャッププライを採用して接地面を均一化させ、ふらつきの軽減を図っている。また、深溝設計で排水性能を向上させたほか、ショルダー部のブロックデザインと深い横溝設計が非舗装路でトラクション性能を発揮するなど高い走行性能を目指した。さらに速度記号をQ(160km/h)とR(170km/h)に設定し、M+Sマーキングを採用した。

 同社では「2008年から欧州でキャンピングカー専用タイヤの発売を開始していたが、国内では初導入となる。近年、国内でのキャンピングカー利用者の増加に伴い、タイヤの需要が高まっている」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】