ブリヂストン モータースポーツ計画発表

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは3月17日、都内で会見を開き、2016年のモータースポーツ活動計画を発表した。今シーズンは「SUPER GT」シリーズで新技術を投入し、首位奪還を目指すほか、「ニュルブルクリンク24時間レース」で、「TOYOTA GAZOO Racing」にタイヤ供給する。

 同社の東正浩執行役員は、「スポーツの本質である常に高みを目指す挑戦は、当社の企業理念と非常に高い親和性を持つ。歓声の中に身を置き、感動を共有しながら、より良いタイヤづくりを追求していく」と意気込みを語った。

 また「レースは極限状態のため、様々な事態が起こる。これらに対応していくことで、エンジニアの技術やモチベーションの向上に繋げていく」と述べ、社員育成の場としても積極的に活用していく考えを示した。さらにモータースポーツ人口増加のための取り組みや女性選手の活動もサポートしていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】