横浜ゴム子会社、ハマゴムエイコムが横浜市から健康経営認証

シェア:
カテゴリー: ニュース
荒木田百合横浜副市長より認定証を授与されるハマゴムエイコムの近藤成俊会長(右)

 横浜ゴムは1月18日、情報システム開発子会社のハマゴムエイコムが昨年12月14日に神奈川県横浜市が主催する「横浜健康経営認証」の最高クラス「AAA」を取得したと発表した。1月15日にワークピア横浜(横浜市中区)で認証式が行われ、荒木田百合横浜副市長から認定証が授与された。

 同制度は、従業員の健康保持・増進を経営的な視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」の概念を普及させる目的で、健康経営に取り組む横浜市内の事業所を認証するもの。

 ハマゴムエイコムは、以前から従業員が心身ともに健康で働くための環境や制度を整備し続けており、2018年の中期目標には「横浜健康経営認証」取得を掲げ、健康経営施策に取り組んできた。この結果、初申請で最高クラスの「AAA」に選出された。

 今回は独自の健康方針「ハマゴムエイコム健康づくり宣言」の社外公表、社内でのスポーツイベントの実施、役職者会議内での従業員の健康診断結果などの共有、次年度に向けた継続的な健康経営目標の設定などが評価された。

 ハマゴムエイコムでは、次のステップとして従業員一人一人の健康経営に対するマインドを高めることを目的に、健康意識を向上するための研修や告知、イベント、キャンペーンなどをさらに積極的に行っていく計画。「今後もこうした活動を推進し、横浜ゴムグループにおける健康経営リーディングカンパニーを目指す」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】