住友ゴム、二輪車用タイヤでスポーツ分野に注力

シェア:
カテゴリー: ニュース
「SPORTMAX Q4」をの開発を担当した住友ゴム米国子会社のジョン・ロビンソン氏と増田執行役員(右)

 住友ゴム工業は1月24日、都内でダンロップのモーターサイクル用タイヤ「SPORTMAX Q4」と「TT100GP Radial」の新商品説明会を開催した。

 「SPORTMAX Q4」は米国で開発され、しっかりとした操舵性が特徴のレースレプリカラジアルタイヤ。国内への導入により、多様化するサーキットユーザーのニーズに応えていく。

 「TT100GP Radial」はニュートラルなハンドリングと伝統的なデザインが特徴のネオクラシックスポーツラジアルタイヤ。往年のデザインをモチーフにしつつ最新技術を搭載し、国内市場でも幅広い層に人気が高まっているクラシカルバイクの愛好家をターゲットにしている。

 挨拶に立ったの増田栄一執行役員は、「国内の2輪車用タイヤ販売事業は今年からタイヤ国内リプレイス営業本部で運営していく。2019年は住友ゴム110周年の節目の年となる。4輪事業だけでなく、2輪事業にも更に注力していきたい」と抱負を述べた。

 今後、販促ツールの展開やサーキットイベント、店頭CMなどを活用して、特にスポーツカテゴリーで販売拡大に取り組む考えだ。


[PR]

[PR]

【関連記事】