「火垂るの墓」のロケにも使われた校舎、住友ゴムの技術で課題解決へ

シェア:
カテゴリー: ニュース
西脇小学校
西脇小学校

 住友ゴム工業は1月25日、保存改修工事が行われている兵庫県西脇市立西脇小学校に遮音ゴムシートの採用が決定したと発表した。同校は兵庫県の景観形成重要建造物に指定されており、課題だった騒音解決につなげていく。

 西脇小学校の木造校舎は昭和初期に建てられた歴史的な建物で、映画「火垂るの墓」や「人間失格」のロケにも使用されたことがある。現在、小学校の4棟で保存改修工事が行われており、生徒が歩いたり、椅子を引いたりする音が校舎全体に伝わり、授業の妨げになっていた。

 同社では「歴史ある建造物を長きにわたり保存する取り組みの一助となれたことをうれしく思う」としている。

 なお、景観形成重要建造物は兵庫県の景観条例に基づく指定制度の一つ。地域の景観の形成に重要な役割を果たしている建造物または樹木を指定し、適切な維持管理が図られるよう必要な指導、助言が行っている。


[PR]

[PR]

【関連記事】