横浜ゴム、“雨に強いヨコハマ”を新CMで継続訴求

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムはヨコハマタイヤの新テレビCMを1月25日から全国で放送開始し、昨年に引き続いて“雨に強いヨコハマ”を訴求していくと発表した。

 新CMは、水を大量に撒いたウェット路面で、3名のドライバーが国内タイヤラベリング制度のウェットグリップ性能最高グレード「a」を獲得したヨコハマタイヤ装着車両を試乗。その優れた制動性能に驚き、「a」を選ぶ必要性を実感するストーリーとなっている。

 また、明るくアップテンポな楽曲を採用することで、優れたウェット性能は安全性を高めるだけでなく、ドライバーや同乗者の安心感や楽しいドライブにとっても欠かせない性能であることを表現している。

 CMは同社のウェブサイト(https://www.y-yokohama.com)をはじめ、YouTube(https://www.youtube.com/TheYokohamaRubber)などのSNSでも公開している。

 横浜ゴムはウェットグリップ性能に優れたタイヤ開発を積極的に進めている。2018年12月末時点では、ウェットグリップ性能「a」獲得サイズ数が業界初の300サイズを突破した。


[PR]

[PR]

【関連記事】