車輪脱落事故の防止へ 業界団体がチラシ作成

シェア:
カテゴリー: ニュース

 国土交通省および日本自動車タイヤ協会(JATMA)や日本自動車工業会、日本自動車車体工業会など自動車関連団体はこのほど、大型車のホイール・ボルトの管理についてまとめた「ストップ!!ザ・車輪脱落事故」チラシをホームページで公開した。ホイール・ボルト折損による大型車の車輪脱落事故がここ数年増加していることから、ユーザーへ日頃から正しい点検・整備の実施の重要性を訴求するもの。

 大型車の車輪脱落事故は2003年1月から昨年12月末までに合計412件発生している。今回作成したチラシでは、車輪脱落を防ぐため①確実な締付け②増し締めの実施③日常の点検④ホイールの履き替えの4つのポイントを掲載しているほか、大型トラック・バスのホイール・ボルトに関して正確な点検方法などがまとめられている。

 JATMAでは3万部を作成し、会員メーカーの系列販売会社を通じて大型車を取り扱っている販売店および一般ユーザーに配布して注意喚起する。


[PR]

[PR]

【関連記事】