住友ゴム 欧米の事業拡大へ

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は今期より欧米での事業展開を本格化する。2月12日に開いた会見で中期経営計画の達成に向けた今後の取り組み方針を示し、2017年に北米と欧州で開発拠点を稼働させると発表した。現地ニーズに即した商品を供給することでを北米および欧州におけるタイヤ販売量をそれぞれ6割、4割増やす。

 またグローバル経営体制を欧州・アフリカ、アジア・大洋州、米州の3極体制に移行させ意思決定のスピードを加速する。

 池田育嗣社長は「欧米は当社にとって最重要テーマとなる。グループ一丸となってビジネス拡大に取り組んでいく」と語った。


[PR]

[PR]

【関連記事】