住友ゴム 中国・常熟工場の生産本数が累計1億本に

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は11月18日、同社グループの中国におけるタイヤ製造・販売会社である江蘇省の住友橡膠(常熟)有限公司が、11月14日にタイヤ生産本数累計1億本を達成したと発表した。

 11月17日に同工場内で行われた記念式典には、山田直樹董事長兼総経理をはじめ、住友ゴム工業の黒田豊取締役常務執行役員など約40名が参加した。

 記念式典で黒田常務は、「中国市場は当社グループの中でも最も重要なウェイトを占める市場のひとつで、今後の成長のカギを握っている。今後もお客様の要望に応え、高性能、高品質なタイヤを供給し、世界でもトップレベルのタイヤ工場を目指していく」と挨拶した。

 住友橡膠(常熟)有限公司は2002年6月に設立し、常熟工場は2004年4月に操業を開始した。主にラジアルタイヤおよびモールドの製造販売を行っており、中国国内をはじめ、世界各国へのタイヤ供給により生産規模を拡大してきた。

 なお、住友ゴムグループは中国国内で2カ所目のタイヤ工場として、2012年から湖南工場を稼働している。


[PR]

[PR]

【関連記事】