「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019 特別版」を今夏に発行

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは1月21日、福岡、佐賀、長崎の3県全域を対象にした「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎 2019 特別版」を今年の夏に発行すると発表した。2014年に九州地方で初の「ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版」を発行してから5年が経過する前に、福岡県と佐賀県を全面的に再調査し、さらに国内のミシュランガイドとして23エリア目となる長崎県を加えた3県のセレクションを1冊にまとめる。

 ミシュランガイドは現在、世界29カ国で展開している。国内では2007年にアジア初となる「ミシュランガイド東京2008」を、2009年には「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行した。また、2012年以降は「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」を皮切りに各地で特別版を発行し、掲載エリアを毎年増やしてきた。

 同社のポール・ペリニオ社長は、「長崎県の島々には様々な海流が流れ込み、多様な海産物に恵まれている。2014年に九州初のガイドを発行する前から長崎県の魅力に注目していた。今回、福岡県と佐賀県の再調査をするにあたり、人や物のモビリティに貢献するというミシュラン創業以来の理念のもと、掲載エリアに追加した。3県の交流がこれまで以上に盛んに行われ、また増加する外国人観光客や国内の旅行者に新たな旅の目的地選びに利用頂けるようなセレクションを届けることを楽しみにしている」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】