日系メーカーで初進出 横浜ゴムのロシア新工場開所で成長市場に先陣切る

シェア:
カテゴリー: ニュース, レポート, 現地

日系初進出、成長市場に先陣切る

 横浜ゴムのロシア・タイヤ生産販売会社「ヨコハマR.P.Z.」(リペツク州リペツク特別経済区、鈴木伸一社長)は5月30日、新タイヤ工場の開所式を行った。式典には現地の政府関係者、販売会社/販売店関係者など総勢200名の招待客が出席した。新工場は日系タイヤ企業初のロシア工場となる。経済成長が軌道に乗り、将来性の高いロシア市場に横浜ゴムが先陣を切った。

南雲会長
南雲会長

 開所式には現地からアレクサンドル・ベグロフ中央連邦管区大統領全権代表をはじめオレグ・コロリョフ リペツク州知事、原田親仁駐ロシア連邦日本国特命全権大使、ロシア連邦経済特区公社コスチン社長などが出席。横浜ゴムからは南雲忠信会長兼CEOなどが出席した。また懇親パーティでは伊藤忠商事の小林栄三会長が乾杯の音頭をとった。

 この日は記念式典、工場見学、祝賀パーティと終日、政財界の重鎮を交えた華やかな祝賀ムードにつつまれた。また現地メディアも大勢かけつけ、雨交じりの天候だったが、活気にあふれた記念の日となった。

 式典で主催者側を代表してあいさつに立った南雲会長は、次のように語った。

 「ロシア市場は横浜ゴムにおける市販用タイヤの販売では日本、アメリカ、中国に次ぐ4番目の市場。非常に将来性のある、また高い市場地位を狙える魅力的な市場である。私自身にとっては2008年に久しぶりにモスクワを訪れる機会があり、その時に成熟し始めた自動車社会と将来へ向けての大きな可能性を実感することができた。それゆえ、将来に向けて我々の生産工場をロシアに持つことが最重要と判断して、適切な土地探しを指示した。幸い、リペツク経済特区というインフラ整備も進んだ絶好の工場用地を見つけることができ、私自身、この目で経済特区を見て最終のゴーサインを出した。あれからわずか3年余りで、開所式を迎えられるのは非常に感慨深いものがある。ヨコハママインドを持った社員と一緒にヨコハマ文化を定着させ、ヨコハマ標準の高品質製品を市場に供給し、ロシアの発展に貢献できることを確信している」

 同工場の年間生産能力は乗用車用140万本で2013年夏にフル生産に入る予定。従業員数は現在350名、フル操業時には550名まで増員する。


[PR]

[PR]

【関連記事】