ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化

シェア:
カテゴリー: ニュース

2020年に一般車両へ適用めざす

ブリヂストンの路面状態判別技術「CAIS」
タイヤ内部に取り付けた加速度センサー(手前)と小型発電機(奥)

 ブリヂストンは11月25日、タイヤ内部に取り付けたセンサーから路面の状態を判別する技術を世界で初めて実用化したと発表した。降雪などによる路面状態の変化をリアルタイムに感知し、ドライバーへ伝えることで安全運転をサポートする。ネクスコ・エンジニアリング北海道支社とライセンス契約を締結し、今冬から運用を開始する。さらに2020年までに乗用車など一般車両への適用を目指す。

 今回の路面状況判別技術は、同社の「CAIS」(コンタクトエリア・インフォメーション・センシング」コンセプトに基づくもの。CAISはタイヤ接地面の情報を収集・解析し、路面情報やタイヤの状態を把握することが可能な同社のセンシング技術の総称。
 今回の技術では降雪などによる路面状態の急激な変化をリアルタイムに感知し、車載解析装置によって路面状態を「乾燥」「半湿」「湿潤」「シャーベット」「積雪」「圧雪」「凍結」の7つに判別。その結果を車内ディスプレイに表示し、ドライバーへタイムリーに伝達する。

 同社は、2011年11月から株式会社ネクスコ・エンジニアリング北海道と共同で実用化に向けた試験を行ってきた。今冬からネクスコ・エンジニアリングが行う冬期道路管理業務において、CAISを搭載した巡回車が事前に路面状況を把握し、その情報を道路管理事務所がリアルタイムで共有する。これにより、後続の凍結防止剤散布車は「必要な場所に必要なだけ散布する」など、より効率的なオペレーションが可能となる。

 今後、同社はCAISの開発をさらに進め、乗用車やトラックなどの一般車両への適用を目指す方針で、その際には「センサーなどを簡素化して一般に受け入れられる価格にする」(同社)。

 また危険な路面状態を事前に察知してドライバーへ注意喚起する機能や、高度な車両制御技術への活用も進める。さらに将来的には複数車両間通信による路面情報の共有化についても検討を行っていく。

 タイヤから路面状況を判別するセンシング技術は伊・ピレリなども開発を進めているほか、独・コンチネンタルはタイヤセンサーから残り溝を測定する技術を2017年にも確立させる計画を発表している。近い将来、タイヤはこれまでの走る・曲がる・止まる・支えるといった4つの機能だけではなく、「情報発信」という新たな価値が求められるようになってくるかもしれない。


[PR]

[PR]

【関連記事】