住友ゴム「ゲレンデタクシー」にスタッドレスタイヤ供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
過去に開催された「ゲレンデタクシー」の様子

 住友ゴム工業は1月16日、SUBARU(スバル)が全国3カ所のスキー場で開催する「ゲレンデタクシー2019」の全車両に乗用車用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」およびSUV用の「WINTER MAXX SJ8」を供給すると発表した。

 ゲレンデタクシーは通常は車で走行できないゲレンデ内で、リフト代わりにSUVに乗車してゲレンデを駆け上がることで、その優れた雪上走行性能を体験できるイベント。

 1月19~20日に栂池高原スキー場(長野県)、2月2~3日、2月9~11日にはエコーバレースキー場(長野県)、2月16~17日には苗場スキー場(新潟県)で実施する。会場によっては約1kmの史上最長コースもある。

 住友ゴムでは、「『WINTER MAXX』シリーズのタイヤを供給することで、冬道での走行の安全性を足元から支えていく」としている。また、各イベント会場にはダンロップブースを設け、「WINTER MAXX 02」と「WINTER MAXX SJ8」を紹介する。


[PR]

[PR]

【関連記事】