コンチネンタル タイヤ試験に自動運転車両を活用

シェア:
カテゴリー: ニュース
コンチネンタルのテストコース

 独コンチネンタルは12月19日、米テキサス州のユバルディ拠点で自動運転車両を活用したタイヤテストを実施したと発表した。これにより、乗用車用及びライトトラック用タイヤの試験でプロセスの最適化や正確なテスト結果の算出が期待される。

 テスト車両は同社が開発するプロトタイプをベースにしており、人工衛星のナビゲーションシステムによってコントロールする。また、カメラとレーダーセンサーを装備することで障害物への対応が可能となっている。なお、テスト走行はアスファルトのほか砂利道など様々な路面で実施できるほか、コース自体の摩耗を抑えられるため、メンテナンス作業の削減にもつながるという。

 同社取締役メンバーのニコライ・ゼッツァー氏は、「自動運転車両を使用したタイヤテストが確実なテスト結果をもたらし、タイヤの品質を保証する」とコメントを発表した。


[PR]

[PR]

【関連記事】