横浜ゴム「モータースポーツ感謝の集い」開催、今後も活動に注力

シェア:
カテゴリー: ニュース
感謝の集い

 横浜ゴムは今シーズンのモータースポーツ活動が終了したことに伴い、11月29日に都内のホテルで関係者約200名を集めた式典を開催した。同社は例年、シーズン終了後に表彰式を行っているが、今年はフラッグシップブランド「ADVAN」(アドバン)が誕生から40周年を迎えたこともあり、規模を拡大して「感謝の集い」として開いた。

 式典で挨拶に立った山石昌孝社長は、「当社にとってモータースポーツはDNAであり、フィールドで開発した最新鋭の技術を製品へフィードバックすることはメーカーの責務である。数多くのタイヤメーカーがある中で、横浜ゴムは何者であるのか――それを世に問うために半世紀以上にわたり、どんなに苦しくても活動を継続してきた」とモータースポーツへ取り組むことの意義を話した。

 また「市販レーシングタイヤの開発を継続することで事業化も行ってきた。モータースポーツの発展に貢献するために、今後も活動に力を入れていく」と強い決意を示した。

 同社はモータースポーツ活動をタイヤ事業のグローバル展開の一環と位置づけ、国内外での幅広いレースにタイヤ供給を行っている。


[PR]

[PR]

【関連記事】